×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グラタン 作り方

グラタンの作り方は80%がホワイトソース作り。

グラタンの作り方を思い出す季節になりました。暖かいシチュー類もいいのですが、アツアツのグラタンを頬張る幸せは何ものにも代えがたいですね。

 

グラタンの作り方のポイント第一はホワイトソース。グラタンの作り方の命です。ホワイトソースが上手に作れるようになれば、あなたのグラタンの作り方は合格。グラタンの作り方の基本であり、味の土台なので手抜きなしで挑戦しましょう。まずはバター。3人分目安なら一人10グラム程度が適量。

 

深底鍋で溶かしバターを作るところからグラタンの作り方が始まります。薄力粉も一人10グラム目安で加えましょう。これを弱火でじっくりと炒める。時間が無いからといって手抜きはグラタンの作り方では駄目。ちゃんと滑らかな感じが出るまで炒めてください。火からおろして濡れふきんの上で少し休ませながら、少しずつ牛乳を加えます。ダマにならないように滑らかに揉み込んでゆくのがグラタンの作り方では大事です。グラタンの作り方に限らず、ホワイトソースの作り方は洋食の基礎なので、シンプルですが手を抜かずに時間をかけて作ります。

 

グラタンの作り方の基礎、ホワイトソースは滑らかさが出たら、中火に戻して塩・胡椒で味を調えれば出来上がり。これだけでも美味しそうでしょ?

 

グラタンの作り方 マカロニ選びとゆで加減

グラタンの作り方で大事なパーツのもう一方、マカロニについて書いておきます。マカロニは少し肉厚のものがグラタンの作り方が生きてきます。薄肉のものはパスタなどで使うといいでしょう。グラタンの作り方では、マカロニは茹での後にオーブン加熱しますので、少し肉厚なもので丁度いいのです。薄肉のマカロニを選ぶと、クタクタマカロニに仕上がりやすいのでグラタンの作り方としては失敗。

 

肉厚のグラタンを選んだら、グラタンの作り方のポイント、マカロニの茹でに入ります。お湯は大量に使ってください。「え〜こんなにぃ」という位でちょうどいいグラタン用のマカロニの茹で方が出来ます。感じとしては「マカロニの間から十分に鍋底が見える」位です。グラタンの作り方ではマカロニは「強めのアルデンテ」が決め手です。茹で上げの状態で芯が残っているくらいで十分。この後、強アルデンテのマカロニは、グラタンの作り方の中で十分に緩んでゆく事を忘れないようにしてくださいね。

グラタンの作り方の最終章 チーズの選択とオーブン

グラタンの作り方もいよいよ佳境です。ここでの決め手はチーズとバター。グラタンの作り方の最初で紹介したホワイトソースと茹で上がったマカロニを馴染ませますが、ここで「縁結び役」となるのがチェダーチーズ。

 

グラタンの作り方でも隠し味的な部分なので見落としがちですが、是非試してください。5ミリ角のサイコロ状に切ったチェダー(好みでモッツアレラでも可)を適量混ぜます。後は表面にタップリのパルメザン。更にバターを適量。これで超美味しいグラタンの作り方が95%終わり。後はオーブンで焦がすだけ。グラタンの作り方の最終章なわけですが、「オーブンは程よく焦がすために入れる」と憶えてください。

 

ホワイトソースもマカロニも調理は殆ど終わっています。そのままでも食べられるのに、あえてグラタンの作り方最終章でオーブンに入れるのは「チーズを程よく焦がすため」です。温度や時間よりも、目や鼻で焦げ具合を確認するのが美味しいグラタンの作り方の最終ステップです。

 

あとはご家族でユックリお楽しみください。

お菓子の作り方| 福音館書店・ぐりとぐら| 出産内祝| 手作り化粧水| ヴィトン新作モノグラム| 江ノ島丼| ブライダルヘアメイク|
かぼちゃスープ| おから料理|
Privacy Policy